犬の予防と診療

当院の紹介

痛みやつらい症状をできるだけワンちゃんから遠ざけて、いつまでも元気でおだやかに。

予防や病気の早期発見は、ワンちゃんが楽しく長生きするためにとても重要なこと。
予防と治療のほか、ライフステージごとの定期健診、フードの選び方、しつけについて、そして日々のケアといったアドバイスでよりよい生活をサポートします。

ワンちゃんの4大予防

ワンちゃんの4大予防は、ノミダニ予防、ワクチン接種、狂犬病ワクチン接種、そしてフィラリア予防です。
これは、感染しやすく重症化すると命にかかわる病気や、人にうつる病気と寄生虫を防ぐもの。
ワンちゃんの病気や寄生虫は、ワンちゃん同士の触れ合いや、感染したワンちゃんが触れたものなどから感染する場合がありますので、当院のドッグランではこの4大予防をしっかり行っているワンちゃんのみが利用できる厳格なルールを定めて、ワンちゃんの健康を守っています。
予防と健康診断をいっしょに受けることもできます。

混合ワクチン接種

ワンちゃんの間で流行りやすく、感染すると重症化しやすい病気を予防するワクチンです。
ワクチンを接種することで、弱毒化した病原体が自己免疫力を高めます。
効果が有効とされているのは1年間ですので、毎年の接種が必要です。
当院では、ワンちゃんのライフスタイルに合わせて5種・6種・8種のワクチンから選択していただいています。

子犬の場合は、母子免疫の消失時期を考慮し、下記のタイミングで3回接種します。

こうすることで、体内から免疫のない時期を作らないようにします。
生後1年間に3回の接種を受けたら、翌年以降は年1回の接種になります。

まれにしかありませんが万が一のトラブルに素早く的確に対応するため、予防接種をご希望される場合、午前中にいらしていただいています。

第1回 6~8週齢
第2回 9~11週齢
第3回 12~14週齢

狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチン

「狂犬病」とは、人や犬を含め哺乳類のほとんどが感染する恐ろしい病気で、万が一発症してしまった場合は死亡率が100%といわれています。
ワンちゃんだけでなく人の命を守るため、狂犬病ワクチン接種は法律で義務づけられています。
※狂犬病予防法に基づくと、生後91日齢以降の犬(子犬購入時など)、あるいは成犬でも飼育を始めて30日以内に予防接種を行い、役場に登録しなくてはいけません。
なお、当院は相模原市獣医師会に所属しているので、狂犬病鑑札をその場ですぐにお渡しできます。

フィラリア予防

犬フィラリア症とは、「犬糸状虫」という名前の寄生虫が心臓に寄生してしまう病気です。
長さが30㎝もある細長い虫が心臓に入り込む為、血液の循環が悪くなり、様々な全身症状が引き起こされ死に至ることもあります。
「蚊」が運び屋となって広がり、主に犬から犬に感染しますが人や猫にも感染してしまった例もあります。5月~12月までに「月1回」体重に見合った量の薬を飲ませて予防しましょう。
お薬にはチュアブルタイプや錠剤など、ワンちゃんの個性や好みに合わせたものをお選びいただけます。
※すでに感染している犬に予防薬を投与するとショック死をすることもあるので、毎年1回投薬前に血液検査が必要です。

ノミ・マダニ予防

このあたりは森があって緑が多く、川も流れています。草むらや木立の中、河原などにはマダニが多く生息しています。散歩でマダニがついてしまうケースは珍しくありません。
マダニの被害では、人が死ぬこともあります。ワンちゃんだけでなく、ご家族を守るためにも予防が重要です。また、ノミやマダニは単にワンちゃんの血を吸うだけではありません。
吸うときに血が固まってしまわないよう唾液を注入するのですが、この中にアレルギー物質のもとや人間に害のある細菌・ウイルスなどの病原体が潜んでいる可能性があります。
また、一匹のメスのノミは一日におよそ30個の卵を産み、100日余りもあなたのペットの上で生息し繁殖することができます。
卵はカーペットや家具類の上に落ち、そこで8ヶ月余りもの間休眠状態に入ることができます。
ノミやダニは驚くほどに多く繁殖してしまいます。
おやつタイプのお薬で外部寄生中の感染を予防・駆除できます。詳しくは病院にてお尋ねください。

マイクロチップについて

マイクロチップとは、直径2㎜、全長12㎜の円筒形の生体適合ガラスでできており、専用のリーダーで読み取って登録番号を確認するものです。
この登録番号は世界で唯一の番号なので、確実に飼い主様のワンちゃんであることが分かります。

当院では以下の理由によりマイクロチップの装着を推進しています。

  • 迷子で保護された際にワンちゃんの身元がすぐ確認できます。
  • 災害時にもしはぐれても、飼い主様の元に帰ってくる確率が高まります。
  • 番号の変更、改ざん、消去ができないので、ワンちゃんの盗難などがもし起こっても、確実な身元証明が可能となります。
  • 事故に遭って怪我をした状態で保護された時も、収容されることなく飼い主様の元へ戻ることができます。
  • 海外旅行などで検疫がスムーズになり、短時間で出入国できます。入国にマイクロチップ必須の国もあります。

注入方法は、一般的な皮下注射とほとんど変わりなく、ワンちゃんのお身体に負担をかけることはありませんし、とても安全です。 マイクロチップの注入は簡単に行うことができます。お気軽にご相談ください。

診療について

木下動物病院では、チーム医療でそのコの情報をスタッフ全員が共有しながら診療に当たっています。

ワンちゃんが病気になった時に見せる主な症状には、嘔吐、ウンチやオシッコのトラブル、そして元気のなさなどがあります。
こうした症状は、軽い風邪や消化不良で起こることもありますし、重篤な病気がかくれている場合もあります。靴下などの異物を食べてしまうこともあるので、ご注意ください。
ちょっとした変化を見逃さず、気になることがありましたらなんでもお気軽にご相談ください。

診療においては各段階でインフォームドコンセントを重要視しています。現在の状態や今後の見通し、治療方法に関するいくつもの選択肢、それぞれのメリットとデメリット、ワンちゃんのお身体への負担、費用や治療期間などについて、具体的でわかりやすいご説明を行っています。

当院の副院長は継続的に、大学病院で研修医として研修を行っています。そのため、難しい病気をしっかり見極め、最新の高度医療についての深い知識を基に的確な診断や治療を行うことができます。また、専門性の高い分野であり、ご相談が多い整形外科に関しては、専門医による外来を開設しています。それ以外の難しい症例に関しては、専門医や大学病院などの信頼できる高度医療機関をご紹介しています。

手術や麻酔、お薬、歯のケアについて

麻酔による危険性は必ず伴うものですが、現代の麻酔は以前に比べ格段に安全なものとなっています。さらに当院では術前の一般検査や血液検査による健康診断を行って、目に見えない問題がないかを確認します。
そして、手術中は麻酔下の心電図などをモニターで監視し、手術後は麻酔から完全に覚めるまでスタッフが注意深く見守ります。
ただし、まれではありますが想定できない事態が起こる可能性もないとは言えません。
麻酔をしなくてすむにこしたことはありませんが、手術や痛みのある処置では麻酔が必要になります。
年齢や持病、健康状態によってリスクは変わりますので、ご不安がある場合には一度ご相談ください。
また、手術など医療処置を行う上でどうしても多少の痛みが伴うこともあります。当院では痛みを最小限に抑えるため、最新の薬剤や医療機器を導入し先進医療を行っています。

動物病院で販売されているお薬は、農林水産省の処方指示薬が成分中に含まれている為、一般のペットショップでは販売することは出来ません。当院が処方する薬は効果の高い安全な薬です。また、当院では各ワンちゃんに合せたフードもご紹介しています。

歯のクリーニングはワンちゃんにとっても有効なもの。早く発見できれば、早期の虫歯治療は簡単にできます。歯のケアは、歯石を定期的に取るのが一番重要です。
人間と同様に歯垢や歯石の除去をするわけですが、人間のように口を開けていることが困難なので、麻酔をかけて行う場合もあります。一度きれいにしても歯石はまた付いてしまうので、定期的なケアが必要です。ホームケアで、できるだけ歯石がつかないようにしてあげましょう。
当院では、歯石を取ったワンちゃんに歯みがきのプレゼントをさしあげています。
虫歯は人間同様、ワンちゃんにとっても大変辛いものです。また、よだれをたらしたり、固いものを食べた時に痛がる様子があったり、口臭がひどくなった場合は歯槽膿漏の可能性もあります。
歯槽膿漏が進行すると顎の骨も溶けてしまう怖い病気です。
ですから、その際には歯を抜かなければならないのか、歯石の除去だけで大丈夫なのか慎重な判断が必要になります。
当院では歯のクリーニングや治療のほか、歯みがき相談やホームケアのアドバイスも行っていますので、ワンちゃんのお口のことが気になるようでしたら一度ご相談にいらしてください。

整形外科(専門医外来)

当院では2013年より整形疾患のための専門外来を開設しています。
歩き方や関節などに不安を抱えているワンちゃんは驚くほど多いものです。
整形外科は専門性の高い分野ですので、整形外科を専門的に勉強している先生をお招きして診察をしていただいています。
一般臨床医とは違った、専門医の目線で、きめ細やかな診断、説明をじっくり納得いくまで実施いたします。ささいなことでも気になる症状や疑問がある方は是非ご活用ください。
診察は月に一度、完全予約制で行っています。診察をご希望の方は事前に電話にてご予約ください。

こんな症状やご不安がありましたら、ご相談ください。

  • 歩き方が少し変わっている
  • 時々足を痛がる
  • 関節の形がおかしい
  • 長年サプリメントを飲んでいるがいつまで続ければいいのか?
  • 最近年齢のせいか散歩時間が短くなった
  • 子犬を飼いはじめたのだが、遺伝性疾患がないか心配
  • 整形疾患(膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、前十字靭帯断裂など)と診断されたが、もう少し専門的な話が聞きたい

【診療予定日】診療カレンダーへ

*時間指定の完全予約制です。病院の混雑状況によってはお待ちいただくこともありますのであらかじめご了承ください。

【整形外科専門外来診療担当獣医師】
安川 慎二

  • お気軽にご相談ください 毎週水曜休診 土曜/日曜/祝日も診療 受付時間 9:00~12:00 / 15:00~19:00 042-763-1221
  • お気軽にご相談ください 毎週水曜休診 土曜/日曜/祝日も診療 受付時間 9:00~12:00 / 15:00~19:00 042-763-1221
pagetop