スタッフブログ

FASAVA-TOKYO 2019に参加しました!

こんにちは😃
看護師の小林です。

最近、とっても寒いですね☃️
みなさまも、おウチの子たちも、体調にお気をつけ下さい✨

遅くなりましたが…。
9月に東京で開催されました、FASAVA-TOKYO 2019にいってきました🙆‍♀️

去年も参加しましたが、今年は特に海外から来られた講師の方々が沢山いらっしゃいました。
このセミナーは、いくつもの部屋で、時間割が組まれていて、好きな講義を聞きに部屋をまわるという方式のものでした。
全四日間開催されており、私は後半の二日間に参加してきました😁
参加者がとても沢山いて、人気の講義などは人が部屋から溢れていて入れないことも多々ありました😅

そんな中で私が印象に残った内容をご紹介します。

講義をしてくださったのは、同じ動物看護師として働いている女性の方でした。
ハキハキしていて、笑顔が素敵でした😊

内容は、病院が苦手なわんちゃんに病院をどのように好きになってもらうか、というものでした。
その中で、始めやすそうなものをご紹介します。

当院の前の道が、いつものお散歩コースに入っている飼い主様がいらっしゃるとおもいます。
そんな方にオススメなのが、散歩の途中で病院の中に入り、病院の中でおやつをあげることです。
(扉をあけてすぐの風除室で大丈夫です。)
おやつをあげたら、すぐに出てしまって構いません。
そのあとは、そのままお散歩を続けていただくだけです。
大切なのは、病院=嫌なことをされる・怖い という思いを、病院=おやつがもらえる・楽しい というふうに変えてあげることです。
しばらく続けてもらうと、わんちゃんが自ら病院の中に入りたがるようになります😉

病院に連れて行くと入り口の前で止まってしまい、いつも大変な思いをしている方もいらっしゃると思うので、ぜひ試してみてください🤗
おうちが遠くて、お散歩コースにいれられなくても、病院に行くたびにおやつをあげることでわんちゃんの気持ちの切り替えの手伝いになると思います。

もう一つは、診察中におやつをあげる方法です。
「うちの子は爪切りや肛門腺絞りが苦手で、いつも病院に連れて行くのが可哀想だ」と思われている方がいらっしゃると思います。
そんなときは、嫌いなことをされているときに、同時におやつをあげ続けることです🍩
おやつに気をそらされている隙に、こちらで処置をするというものです。

でも、興奮していておやつどころじゃない!、という子もいると思います。
その場合は、終わった後におやつをあげて、たくさん褒めてあげることが効果的です。
ご褒美=おやつと思いがちですが、(わたしがそうでした😅)大好きなおもちゃでも大丈夫です。
その子が喜んでくれて、嫌な思いを吹き飛ばせるようなものを与えてくださいね☺️

すぐにでも始められると思うので、ぜひ試してみてください😉
当院では、病院を少しでも好きになってもらうためにドッグランを併設しております。
日常ケアや、トリミングなどで来院されたときにはぜひご利用ください!(会員制)

ちなみに、アレルギーの子や、療法食を食べている子、おやつを与えていない子には、普段食べているフードで代用できます🍖

当院にかかってくれている子たちみんなが、病院を好きになってくれることを目標に、スタッフ一同頑張ります😉 

なにか気になることがあれば、お気軽にスタッフにお声掛けくださいね。

  • お気軽にご相談ください 毎週水曜休診 土曜/日曜/祝日も診療 受付時間 9:00~12:00 / 15:00~19:00 042-763-1221
  • お気軽にご相談ください 毎週水曜休診 土曜/日曜/祝日も診療 受付時間 9:00~12:00 / 15:00~19:00 042-763-1221
pagetop